Home

DETOX TSUSHIN

ION CLEANSEの効果の実証データ

カナダのION CLEANSE(R)によりイオンデトックスにより体内の有毒金属の排泄が行われた実証データが公開されているので紹介します。
IonCleanse_Heavy_Metals_Report.pdf

「“足裏から毒素”はニセ科学!?」

null
この真相は以下のようです。

①医療目的でそもそも作られていはいないということ(メーカーも明記)

②中国で模造品(動作自体に欠陥)が多数作成されているため一般の情報に錯誤が多数存在する

③エステのような業界が説明不足のまま導入している

④メディアがはやく結論をだそうと急いだ

⑤海外の情報を正しく発信している日本の人がいない

 日本人が「毒が出る」といううたい文句で広告やメディアで広がったことが、胡散臭いとかいうイメージがあるのだと思われます。でも、そもそも人間の毒って何なのか?それは排気ガスやタバコ、添加物等なのだろうか?いったい何?

⇒"毒とは人間にストレスを与える体内の物質”

と定義するのであれば、人間の活性酸素や乳酸等の物質が含まれることになります。人間が病気になったりするのは、毎日の生活の生み重ねが"うみ"のカタチで出てくるものといえます。だからそれらの物質が溜まらせないことが重要なのではないのでしょうか?

 体内にイオンが浸透圧によって循環する(下記参照)かどうかは個人的には疑問が残りますが、仮にイオンが体に入れば体の酸性物質が中和されることは十分考えられると思いませんか?正統なイオンデトックスは”身体の内部の各臓器や関節などに蓄積する人間の身体に悪影響をもたらす物質を中和していく仕組み”になっているようです。

 疑問はまだ残りますよね。そのひとつが「水の色がその人の状態によって変化する。っていうことはどう説明がつくのか?」

⇒これは次回記載します。


How IonCleanse® Works
AC electricity is converted to low power DC electricity which flows through a patented electrode system that rests in the foot bath. The electricity and the metal combine to split the water molecule into H+ and OH- ions. These ions travel through the body, neutralize oppositely charged particles and through powerful osmotic pressure pull those neutralized particles out of the body through whatever skin surface is in contact with the water.
For those with a scientific bent, the process described above is known as electrolysis of water, and a detailed explanation of its biochemistry can be found at http://www.chem.uiuc.edu/clcwebsite/elec.html. You can also click here to view a report done on the IonCleanse® process.
The IonCleanse® is not intended to treat, cure, prevent or diagnose any disease or ailment.



Why Detoxify the Body
We are living in the most polluted environment in the earth's known history. We are continually inhaling and assimilating residues from petrochemicals, plastics and pesticides that occupy cell receptor sites and block hormone utilization. Consider the following statistics:

1,600% increase in birth defects since 1980
250% increase in breast cancer since 1980
59% decrease in male sperm count since 1940
500% increase in cancer mortality since 1900
400% increase in heart disease since 1900
All of the above statistics are directly related to the increased exposure to petrochemicals, toxins, heavy metals and other chemicals in the environment. While no process or modality can guarantee the prevention of these conditions, it is logical to assume that an ongoing detoxification program - the act of minimizing toxic accumulations in the body - will reduce the incidence of chronic degenerative disease and improve overall quality of life.
Virtually all alternative healing approaches make liberal use of detoxification protocols. Detoxifying the body has been a familiar modality to all ancient healing traditions, including Ayurvedic, Chinese and Native American, for thousands of years.
In a recent article entitled The Pollution Within (National Geographic October 2006 pgs 117-143) David Ewing Duncan explores the toxic load our bodies are exposed to just living on this planet. Click here to view the entire article.
You can also click on this link to view a Today Show segment with David Ewing Duncan.
In order to maintain a productive life, detoxification is a necessity.
The IonCleanse® is not intended to treat, cure, prevent or diagnose any disease or ailment.

http://www.ioncleansecanada.com/research.html

デトックスと毛髪ミネラル分析検査(HTMA)との関係

  • 2008-09-24 (Wed)
  • HTMA
毛髪ミネラル分析検査(HTMA)によって体内に存在するミネラル量と体内に残留する有害金属を毛髪により測定します。デトックス(解毒・排毒)によって有害金属を中和しますが、体内で起こっていることを実感することはなかなか難しいものです。また、自分の体質の改善を目で見える形にすれば、自己管理と目標設定をすることが可能にできます。HTMAはこれらを解決してくれるツールとして役立つといえます。

毛髪ミネラル分析徹底比較『トレースエレメンツ社』

  • 2008-09-24 (Wed)
  • HTMA
null分析料金: 6,800円~20,000円(税込)
検査結果の受取り: 約2週間後
有害ミネラル数: 8種類
アンチモン、ウラン、砒素、ベリリウム、水銀、カドミウム、鉛、アルミニウム
必須ミネラル数: 15種類
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、銅、亜鉛、リン、鉄、マンガン、クロム、セレニウム、ホウ素、コバルト、モリブデン、硫黄
参照用ミネラル: 15種類
ゲルマニウム、バリウム、ビスマス、ルビジウム、リチウム、ニッケル、プラチナ、タリウム、ヨウ素、バナジウム、ストロンチウム、スズ、チタニウム、タングステン、ジルコニウム

1.毛髪ミネラル検査結果
「有害ミネラル」、「必須ミネラル」、「重要な比率」、「有毒物質比率」等の測定値がグラフ表示。

2.髪の組織ミネラル分析のイントロダクション

3.グラフィックスの理解
「必須ミネラル」「有毒ミネラル」「追加要素」「必須ミネラル比率」「有毒ミネラル比率」「追加ミネラル比率」の概要説明。

4.新陳代謝のタイプ
新陳代謝亢進型または新陳代謝鎮静型とそのレベル。

5.検査結果からのアドバイス
「必須ミネラルレベル」、「必須ミネラル比率」、「有毒金属レベル」、「有毒金属比率」等それぞれの注目点と将来引き起こされる症状と対策。

6.食事に関する提言
新陳代謝の種類別の個人の推薦するサプリメントの種類や避ける食物と増加させるべき食物の説明

7、食事概要ページ
次の評価まで避ける食物と増加させるべき食物の一覧表

毛髪ミネラル分析徹底比較『ら・べるびぃ社』

  • 2008-09-24 (Wed)
  • HTMA
null
分析料金: 10,500円(税込)
検査結果の受取り: 約2週間後
有害ミネラル数: 6種類
ベリリウム、カドミウム、水銀、アルミニウム、鉛、砒素
必須ミネラル数: 12種類
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛、リン、セレニウム
参照用ミネラル: 8種類
リチウム、バナジウム、コバルト、ニッケル、ホウ素、ゲル
マニウム、臭素、ヨウ素

1.毛髪ミネラル検査結果のまとめ
「有害ミネラル」、「ミネラルバランスの崩れから考えられる症状」、「必要な主なミネラル」。

2.毛髪ミネラル検査表
「有害ミネラル」、「必須ミネラル」、「必須性が想定されるミネラル」の測定値が棒グラフでの表示。

3.検査結果からのアドバイス
有害ミネラルの蓄積レベルとその影響、および解毒・排泄ミネラルのアドバイス。ミネラルバランスの崩れから考えられる症状とその説明、および対処法。

4.栄養素アドバイス表
必要なミネラル・ビタミンの1日あたりの所要量の表示。

5.献立アドバイス表①
必要なビタミン・ミネラルを多く含む食材で構成された「主食」、「主菜」の表示。

6.献立アドバイス表②
必要なビタミン・ミネラルを多く含む食材で構成された「副菜」、「その他」の表示。

毛髪ミネラル分析徹底比較『ドクターズデータ(DDI)社』

  • 2008-09-24 (Wed)
  • HTMA
null

分析料金: 13,650円(税込)
検査結果の受取り: 約3~4週間後
有害ミネラル数: 15種類
ベリリウム、カドミウム、水銀、アルミニウム、鉛、ヒ素、アンチモン、ビスマス、ニッケル、白金、銀、タリウム、トリウム、スズ、ウラン
必須ミネラル数: 19種類
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛、リン、セレニウム、リチウム、バナジウム、コバルト、ホウ素、ヨウ素、ストロンチウム、イオウ
参照用ミネラル:5種類
ゲルマニウム、バリウム、ルビジウム、チタン、ジルコニウム

1.毛髪分析レポートデータの読み方
毛髪分析レポートにおける、「有害ミネラル」、「必須ミネラル」、「参考ミネラル」の説明とグラフの読み方。

2.毛髪分析レポート
「有害ミネラル」、「必須ミネラル」、「参考ミネラル」の測定値のグラフ。加えて、ミネラル比を、数値で表示。

3.DDI社の見解
毛髪分析レポートのグラフで、基準範囲を超えたミネラルについての説明。

4.毛髪分析で測定されるミネラル
毛髪分析で測定される主な「有害ミネラル」、「必須ミネラル」の説明。

5.望ましいミネラル、ビタミン、脂質のとり方
「ミネラル」「ビタミン」「脂質」のそれぞれに対する注意、必要量、含まれる食品、欠乏症の表。

6.健康へのアドバイスとしての資料
食事改革のスローガンである「マゴワヤサシイ」の説明とミネラルバランス改善のために行いたいこと。

イオンデトックスによるアメリカでの改善報告

以下が改善報告の一部です。
◇細胞レベルからのクレンジング効果
◇免疫力向上
◇フリーラディカル・遊基(FREE RADICAL)の中和化
◇むくみ減少・解消
◇体重減少・ウエイトコントロール
◇頭痛改善
◇便秘の解消
◇重金属のキレーション
◇環境からの汚染抑制(ウイルス・バクテリア等)
◇浮腫の改善
◇痛風の改善
◇関節に関する症状を抑制
◇吹き出物の改善
◇目の下の暗いクマの改善
◇膨らんだ関節の改善
◇黄色く緑色の顔色の改善
◇できものの改善

More...

Home

Search
Feeds

Page Top